今、売れているケータイ電話といえばスマートフォンです。電車や街中などいたるところでスマートフォンを触っている人を見かけます。


その利用マナーが目に付くことも多々あり、不愉快な経験をしたことがある方も多いと思います。
それほど広く普及しているスマートフォンですが、オペレーティングシステムは主に2種類です。
それは、iOSとアンドロイドです。


iOSはAppleのオペレーティングシステムで、これを採用したスマートフォンがiPhoneです。



一方、アンドロイドはGoogleのオペレーティングシステムで、これを採用したスマートフォンは、言うまでもありません。


iOSの方が先に開発され、iPhoneも非常に売れているのでiOSに対応したアプリは数多く開発されています。

一方、アンドロイドは後発ですが多くのメーカーが採用していること、またアンドロイドを搭載したスマートフォンも売れているので、こちらもアプリ開発は盛んに行われています。

アプリの中でも良く見かけるのはカメラアプリではないでしょうか?スマートフォンのカメラはコンパクトカメラと同等の性能を持っているので、写真を撮りたいと思ったときに直ぐに撮れるようになりました。


しかし、当時なかったカメラアプリが連写のできるアプリです。



連写しようと思ったときはシャッターボタンを連打することになるのですが、なかなか上手くいきません。

あれば便利と感じていましたがなかったため、思い切って開発したのが連写機能付きのカメラアプリです。想像していた以上に好評で、やはり需要があったんだと強く感じることができたアプリ開発でした。

効率がいいJCASTニュースにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。